意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目から鱗」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

目から鱗の状態は、その労苦を乗り越えた瞬間とされ、よくあるようなチープなコピーではありません。

純正に資金を投じた理由・結果としても目から鱗のテーマが有ります。

目から鱗

Meaning-Book
「目から鱗」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「目から鱗」の意味とは?
  • 「目から鱗」の由来や語源
  • 「目から鱗」の言葉の使い方
  • 「目から鱗」を使った例文や短文・解釈
  • 「目から鱗」の英語
  • 「目から鱗」を使った言葉と意味を解釈
  • 「目から鱗」の類語


「目から鱗」の意味とは?

目から鱗の意味は、古い書物の中に、目が見えるようになった件に関し、目が開放されて、その目の状態から、鱗のようなものが落ちてと例えられている事が、先決とされています。

つまり、目が見えるようになることを、目から鱗と称しています。

目から鱗の状態では、暗く陰っていた視界の状況が明るくなることとして、見えていなかったものが見えるようになったという意になります。



「目から鱗」の由来や語源

目から鱗の由来は、古い書物に例えられている、コンタクトレンズのようなものが落ちて、とする話があり、他には、例える要素が、本人の大粒の涙であったという話もあるようです。

つまり、改悛するという状況を、自業の罪の故にではなく、大粒の涙と同時に、再び視力を取り戻したという、前方に明瞭性が増したとする話もあります。

「目から鱗」の言葉の使い方

目から鱗の言葉の使用法は、目から鱗の状態が好ましいこととする、ある程度理解できそうな苦難を示すものと、壮絶な苦難として、それを乗り越えるのに、改心が必要であったとする人生のドラマがあります。

他には、その例として、見えていない解決策が現れた際に、視界明瞭となる、鶴のひとこえとしての、ヒントも属されます。



「目から鱗」を使った例文や短文・解釈

目から鱗を使用した例文として、簡単な問題が解けて目から鱗が落ちたとする、歓喜のタイプがあります。

そして、苦悩・苦難を乗り越えて、自分が犯していた間違いに気がついたという目から鱗の改心があります。

また、目から鱗の状態をキープするという、何時も自分のなにかを発見する瞬間をもっていたいとする教訓もあります。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

目から鱗のヒントが与えられて、サクサク解けるようになりました。

目から鱗の状態は、特別な解決法があるだけで、瞬時に利発になる様相を呈します。

これは、むずかしい問題の解決策が解らないときに、このように状態を理解すれば、解決方法が見つかるというものです。

よく産業での生産方式に展開されています。

例文2

自分が失敗していた原因を、見つけたときには、目から鱗でした。

自分が失敗していた原因を、他に探そうとすれば、それはいつも怒り心頭の状態が続きます。

ただし、その失敗の原因を自らにまずあると先見し、そのテーマにより、自分自身がほんとうに悪かったとすれば、失敗は再発することはありません。

これは、理由を他者に見出さない方式です。

例文3

目から鱗の状態で何時もあるというのは、自分への注意点を忘れないことにあります。

目から鱗の状態であるというのは、頭脳が明晰であることを示しています。

この明晰さは、問題の不明瞭の中でも、自分自身がまず解決策を思いつき実行するという、主体的な生き方になります。

つまり、社会・人のせいにして生きているだけでは、目から鱗としての再出発は望めないのです。

「目から鱗」の英語

目から鱗 meaning in english

目から鱗の英語は、“see the light”です。

「目から鱗」を使った言葉と意味を解釈

目から鱗を使用した言葉では、その言葉の意味を展開するという自談があり、またそれをいつも自身に捉えていくようにするという叱責があります。

頭脳が利発であるというのは、自分の間違いを諭されたときに、それを瞬時に悟り、謝罪ができるかどうかに依っています。

これは、社会のステージで生きるための鉄則になります。

  • 「目から鱗が落ちる話」

「目から鱗が落ちる話」

目から鱗が落ちる話というのは、目から鱗が落ちるように、理解する内容を指しています。

いままで理解できなかったもやもやがさっぱりとした発見になり、長年の研究が解ける瞬間のことでしょう。

これらの、目から鱗のはなしは、自分自身に逼迫した問題を、あえて情報で解決できるという内容が持ち込まれます。

「目から鱗」の類語

目から鱗の類語として、改悛があり、他に、明晰・利発という言葉が展開されます。

また、暗中模索からの前方明瞭も良いでしょう。

これらの、明晰さは、あるガラスの清掃に依っても理解がしやすいものです。

ガラスクリーナーの良いもので、フロントグラスが視界明瞭になれば、その洗剤が目から鱗の商品だったというものです。

  • 「改悛」
  • 「鋭敏」
  • 「商品」
  • 「人生」

「改悛」

改悛は、とことんおちた際に、再出発する、人生のドラマです。

改悛という作業は、自分自身の反省がとことんされる様相になります。

この自分自身の改善の基礎となるのは、その失敗の故に恐ろしさを味わった瞬間になります。

つまり、極貧という状態から、復帰するのは、なにかの解決策を自身に見出したときです。

これは、何かの罪が関わっている可能性があるのです。

「鋭敏」

鋭敏なはたらきをするこのシューズは、まさに目から鱗でした。

鋭敏なはたらきをするという足元の靴のたとえです。

これは、特別なランナーが履いているものであったり、体育会の前の、準備としてのシューズです。

この履物で鋭敏な感動があるのは、その前方の明瞭さとしても認識されます。

つまり、速いと同時に視界明瞭な溌剌とした感覚になるのです。

「商品」

こんな簡単なやり方があったのかと知ったのは、このクリーナーのせいでした。

さまざまな商品は、なにかの解決策として提案されています。

一般生活で困りごとのなにかは、このようなものがあったら良かったとする発見としての商品にたとえられるのです。

これは、一本のこの商品で、ここまでの従来品からの改善があるのかという感動を呼び起こします。

「人生」

人のはなしを聞いただけでは、あまりぱっとしないような内容であっても、自分の身に重なると強烈なイメージとなってその記憶に残ります。

この内容が、人のはなしであっても自分の教訓とする目から鱗があるのです。

人の人生で失敗したはなしを聞いて、自分の教訓にするのは叡智ある生き方とされます。

icon まとめ

目から鱗の内容は、簡単には手に入らない仕組みです。

これは、人生での大転換としてあまり脚色を浴びるような話ではありません。

そして、それを究極に反省しきった際には、その雰囲気でもオーラでもそれが現れているものです。

苦しみを乗り切ったという道程は、同時に働き者を育て上げます。

これが、自身の労苦から得た教訓であり、それが目から鱗から発した解答なのです。