意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「吐露」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「吐露」するという表現は、文学的な表現になり、その漢字の使用も、漢字のひとつひとつの意味の成り立ちに依っています。

ですので、吐露という漢字は、文章中の叙述として描かれるのが最適です。

吐露を行っている様相というのは、通常の生活ではなかなか見受けられることではありません。

通常の生活ではあまり見受けることはないのですが、そんなシーンを見るとしたら、やはり恋人同士のはなしであったりするかもしれません。

吐露という表現には、その内容も重要ですので、しっかりとしたれっきとした言葉を守りましょう。

吐露という心情の告白は重要なシーンとなります。

吐露の漢字も正確に筆記すると、その内容が迫ってくるでしょう。

吐露

Meaning-Book
「吐露」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「吐露」の意味とは?
  • 「吐露」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「吐露」の言葉の使い方
  • 「吐露」を使った例文と解釈
  • 「吐露」の英語
  • 「吐露」を使った言葉と意味の解釈
  • 「吐露」と暴露の違い


「吐露」の意味とは?

吐露の意味は、心情を吐露するという表現があるように、漏れるように口から吐くという意味があります。

これは、心情の表面性ではなく、心の奥底から漏れる心痛や、おもいを口にする瞬間を言います。

ですので、吐露による発言は、正真正銘の本人からの発言となり、それを評価するしないの前の段階での表術になります。

  • 「吐露」の読み方

「吐露」の読み方

吐露は「とろ」と読みます。

吐露は吐くという言葉と、露の様に滴り落ちるというイメージがあり、その複合語です。

露と言えば、夕方以降天から降ってくる夜露があり、朝には、朝露があります。

湿度の高い地域では、夜の地面は夏でも濡れるのです。

このような、露のイメージでは、口から漏れて下に溢れるような、そんな正真正銘からの本心の発言となります。



「吐露」の類語や言い換え・似た言葉

吐露の類義語として、「言い現す」「述べる」「洩す」「放つ」と言った感情のため息にも近い発言が類義語と考えられます。

「吐露」の言葉の使い方

吐露の言葉の使用法は、心象の発言に際して、文学表現で、吐露とする言い方が有り、また、吐露するように自分の心理を告白したという恋愛の風合いでも使用できます。

そして、吐露するというビジュアル的な要素と共に、ため息を真実に表現する手法として、芸術的な領域にもなります。



「吐露」を使った例文と解釈

吐露を使用した例文では、その告白の場面として、吐露を書く場合があります。

漢字としては、常用の市民社会ではなかなか使用されにくいので、書き言葉としての使用法です。

また、自分や二人称の相手ではなく、キャラクターとしての第三者の発言に吐露という言葉を使用する方式があります。

そして、吐露するという身を屈めたような姿勢に共感するのであれば、それは、演出的にも見る人を感動させる要因となります。

  • 「吐露」の例文1
  • 「吐露」の例文2
  • 「吐露」の例文3

「吐露」の例文1

「心情を吐露する場面では、皆がそれを心に書きとめた」

心情の発言というものは、文学的になりえる世界があります。

これには、正直な発言と書くよりも、心情を吐露するという表現のほうが、ぐっと迫るものがあるでしょう。

本人のこころの奥底からの言葉は、大きな声で出すものではなく、実際は、つぶやくようにぼそっと言ってしまうものです。

「吐露」の例文2

「吐露するという設定画面には、背景の資料に時間がかかりました」

吐露するという表現は、第三者的な意味合いになりますので、作品としての様相が強くなります。

そして、その表現をいつまでも覚えているのが、吐露された方の認識です。

これを演出的に組んでいこうとするのであれば、その演出効果としても、その素のままがでる状態が最適でしょう。

「吐露」の例文3

「吐露するというシーンには、一対一の対話式の様相が最適です」

吐露するというシーン設定は、文学より演劇の正確が濃くなります。

これは、吐露するという大声でない表現手法に関して、それを聴く出演者と、それを傍で聞いている聴衆者が必要になります。

感情の吐露は、それを聴くだけの力量も必要なことです。

「吐露」の英語

吐露 meaning in english

吐露の英語は、“uncork”です。

「吐露」を使った言葉と意味の解釈

吐露を使用した言葉では、吐露の内容を分析することも、聞く人には必要です。

これは吐露の内容が、自白に近いものなのか、それとも、恋愛の心情模様を語るのか、そして、吐露することで、自分の悲しみを表現するのかという風にわかれます。

吐露をする理由としての動機も必要で、信頼できるような誰かが必要なのです。

  • 「自白としての吐露」
  • 「恋愛感情の吐露」
  • 「打ち明け話としての吐露」

「自白としての吐露」

本人の自白の意味を聞けば、それが、本性の吐露である見聞になります。

本人の発言には、過去をさいなんできた自分の過去への憧憬があり、それが、本人を表すという表現も可能です。

発言というものには、その信憑性のありかを判断する側も必要になります。

ですので、自白という面では、言いたくないことでも、言ってしまうという状況が有り、それが本人の真相であったとなります。

「恋愛感情の吐露」

恋愛の難しさを語る、その人の面影は、いつまでも吐露のイメージを植え付けました。

恋愛の難しさを語る表現は、その難関を苦慮する様子が現れます。

そのために、恋愛は成就しにくいという世間の常識に対して、心情を語るという性質が吐露となります。

それを受け止めるのが、目当てのひとであれば、それで終局となります。

「打ち明け話としての吐露」

自分の悲しみを誰にも語らない理由を、吐露の発言の中に見出しました。

自分の真相の悲劇を語るというのは、それが吐露になる条件です。

吐露というのは涙の吹き出しそうな瞬間でもあります。

ただの自慢話であれば、フランクリーなトーキングとなるのですが、身内ばなしの雑談でもないケースでは、その心情の吐露を誰に言うのかがポイントになります。

「吐露」と暴露の違い

吐露という表現は物静かな印象があります。

そして、それを聞く人が、その印象を痛烈に脳に刻み込むものです。

反対に暴露では、それが爆弾発言になるようなもので、英語式ではカミングアウトと呼ばれます。

暴露の情報は、聞く人が驚きますが、吐露のときには、それを聞く人が、予め心の準備をしているのが、通常になります。

暴露では、凡そ迷惑な情報になる可能性も高いので、誰が聞いているのか留意しましょう。

icon まとめ

吐露という表現では、日常の用語では、めずらしい使い方になります。

やはり文学の表現において、使用されるのが普段の読書としての常用でしょう。

吐露には、感情の吐露の他に、告白であったり、時には、事件の真相という扱われ方もします。

文学の表現を好むのであれば、日記においても正確に漢字を記録しましょう。

吐露という表現は確かにそれを経験した人でしか描けない世界観があります。

つまり、第三者の誰かが、それを打ち明ける瞬間など、脳裏に鮮明な映像となって残るような肉薄の思い出は、性格形成にも役立つものです。

吐露するというシーンを描くには、それだけの人生に対する視覚的な力量が必要ですし、多用しても効果は薄れるものです。

吐露という表現だけに留まらず、心情の告白という表現を使用するなどして、使い古されることのないようにしましょう。